Phuket Beach Club(プーケット ビーチクラブ)   Marriott Vacation Club(マリオット バケーションクラブ) タイムシェア リゾート

 

 

 
 
 ■ わが家の体験記
 ■ このリゾートについて
 ■ この Villa の間取りと設備
 ■ 滞在のコツ
 ■ 予約と利用のルール
 ■ スプリットというルール
 ■ 購入の費用
 ■ 毎年の費用
 ■ その都度かかる費用
 
 
------------------------
 ■ 他リゾートとの交換ルール
 ■ 交換の、ざっくりとした説明
 ■ 実際に交換するには...
 ■ ハワイへの道...(おまけ)
 
------------------------
 ■ 掲示板
 ■ リセールとレンタル New!!
 ■ コオリナとの違い New!!
 
------------------------
 ■ ギャラリー
 ■ リンク
 ■ Mail
------------------------
 
 ■ HOME
 

●マリオット・プーケット・ビーチクラブの利用ルールについて

基本的に1年前に予約を入れてホームリゾート(マリオット・プーケット・ビーチクラブ)に毎年遊びに行けば、それほどややこしくはありません。

●チェックインは午後4時からで、金曜日、土曜日、日曜日に限定

されますので、シーズンカレンダーで確認して、希望のチェックイン日をバンコクのオーナーサービス(2011年現在ではオーナーサービスはシンガポールにあります)に伝えて手配します。バンコク(シンガポール)へは国際無料電話でかけられ、先方には日本人スタッフもいますので、何も問題ないと思います(対応は丁寧です)。

正月のピークシーズンの予約状況はやはり厳しい模様です。この辺の実際の状況は今後情報交換できればいいなと思っています。ちなみに、ハイシーズンの会員権を2口所有しているかたは13ヶ月前から予約が可能なので、(1口の人は12ヶ月前だから)先駆けて予約することが可能です。(2006年追記:現在は年末年始の固定週が、プラチナ+ として販売されています。一般のプラチナ会員の人達向けの予約枠はなくなったのでしょうか?どなたかまた情報提供をお願いします)

ちなみに、II(通称:アイアイ)を利用して週を他のリゾートと交換する場合でも、一度マリオット・プーケット・ビーチクラブの予約を取る必要があります。予約を取って予約番号を取得したうえで、その予約番号をII(通称:アイアイ)に預け入れる手順になります。

●2ベッドルームVilla ですが、ロックオフはありません。

ハワイのコオリナなどはゲストルームをロックオフ(間のドアをロック)して2週間使えますが、プーケットではその方法はありません。

スプリットというローカル・ルールがあります。

1週間を3日間と4日間に分けて(2回)利用する方式で、個人的に非常に魅力的なルールだと思いますので、別のページで独立して扱うようにしました。

●予約の変更手数料は一回29ドルで、60日前までなら変更が可能とのことでした。これは一般の予約もスプリットも同じだそうです。また、予約後24時間以内の変更やキャンセルは無料で対応してもらえるそうです。

●利用できないときの方策(1)- ポイントに交換する。

利用できない年は、施設を利用する権利をポイントに交換できます。手数料として$124必要です。獲得できるポイント数は、以下となります。

プラチナ  105,000ポイント
ゴールド   55,000ポイント

ポイントへの交換は、2年に1度しかできません。つまり、毎年ポイントに交換するのは不可です。(また、支払う年会費に対してもらえるポイントの数量は決して有利ではないので、できるだけ自分で週を消費したほうがいいと思います)

ポイントの価値については、ホテルの英語サイト
http://marriott.com/property/propertypage/HKTJW
などにアクセスし、左のメニューにある
「Use Marriott Rewards Points」の ところを開いてみると、どれくらいのポイントで何泊ぐらいできるのかがわかります。そのホテルに現金で泊まるといくらかかるのかを調べて比較することを何度かしていると、自分なりの、「何ポイントはだいたいいくらぐらいの価値」の金銭感覚ができてきますので、お試しください。 人によって違うと思いますが、私の場合はだいたい、10,000ポイントは8,000円から10.000円ぐらいかなと思っています。 ホテルの現金での宿泊料金は、ハイシーズンとローシーズンで倍ぐらい違います。また、ポイントで予約できる部屋はハイシーズン分はアッというまに売り切れるなどの特性があるので、このへんの相場観を醸成するには、ある程度の経験と執着心(?)が必要になります

●利用できないときの方策(2)- II社(通称:アイアイ)に預ける。

もう一つの手段は、II社(通称:アイアイ)にディポジット(預け入れ)することです。預け入れた週は2年間有効で、その間に利用すれば良いことになります。2年を過ぎた場合でも、いくらかの追加手数料を払えば再度延長してくれたと思いますが、はっきりと確認していませんので、機会があればIIに聞いてみます。

○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○

●オーシャンビューとガーデンビューは当日までわからない?

会員権にシーズナリティーはありますが、「オーシャンビューの会員権」と「ガーデンビューの会員権」の区別はありません。とりあえずリクエストベースで、当日部屋が割り当てられる模様です。(2006年追記:予め部屋番号を指定して取ってもらうことも可能だそうです。私たちは次に泊まる部屋番号をデジカメに写してきました(笑))

●クリーニング(部屋の掃除)は期間中一回だけ無料

シーツ交換とか、部屋の掃除は期間中一回だけ無料で行われるようです。いくらか支払えば追加で掃除したりしてもらえるそうですが、金額等は未確認です。(2006年追記:実際に滞在したときは、掃除の回数とかシーツ交換とか、あまり気にならず、何も不便は感じませんでした。ベッドメイキングは毎日来ますので、簡単な掃除は毎日してもらってたんじゃないかな?と思います。基本的におおらかな雰囲気なので、これを頼んだらいくら、これを使ったらいくら、というようなことは細かくは考えなくていいと思います)