Phuket Beach Club(プーケット ビーチクラブ)   Marriott Vacation Club(マリオット バケーションクラブ) タイムシェア リゾート

 

 

 
 
 ■ わが家の体験記
 ■ このリゾートについて
 ■ この Villa の間取りと設備
 ■ 滞在のコツ
 ■ 予約と利用のルール
 ■ スプリットというルール
 ■ 購入の費用
 ■ 毎年の費用
 ■ その都度かかる費用
 
 
------------------------
 ■ 他リゾートとの交換ルール
 ■ 交換の、ざっくりとした説明
 ■ 実際に交換するには...
 ■ ハワイへの道...(おまけ)
 
------------------------
 ■ 掲示板
 ■ リセールとレンタル New!!
 ■ コオリナとの違い New!!
 
------------------------
 ■ ギャラリー
 ■ リンク
 ■ Mail
------------------------
 
 ■ HOME
 

●ハワイへの道...

  【ご注意:特に記載のない場合は2006年時点での情報です】

 当サイトはプーケットのタイムシェアのページですが、敢えてハワイ、特にコオリナ・ビーチクラブの特集ページを1ページ作ります。理由は、ハワイはタイムシェアのメッカみたいなところで、たくさんの物件があり、レンタルに物件を出品しているオーナーさんも多いようですが、「プーケットやその他のリゾートのオーナーがハワイを訪れて、タイムシェアレンタルを活用する」という視点で作られたサイトがほとんど存在しないからです。

プーケットのオーナーさんは(プーケットに限らず他のマリオット物件のオーナーさんもですが)基本的にマリオットのタイムシェアのルールを理解し、個人旅行にある程度慣れ、離島の雰囲気が好きな人が多いと思いますが、その知識などを生かしてハワイ旅行を考えると、普通よりもお得に豪華な旅行が可能です。老朽化の進んだワイキキの高級ホテルなどでも、ローシーズンでも一泊200ドル以上しますが、コオリナの Studio ならその半額程度でも滞在可能じゃないでしょうか(コオリナのオーナーさんすみません...)。 タイムシェアレンタルを理解していることは、ある意味特権でもあります。 「毎年お正月はプーケットに行くけど、夏は5日ぐらいの日程でハワイも行きたい」とか、「ワイキキは一泊程度でいいからハワイらしい開放感のあるところでのんびりしたい」といったケースでコオリナ・ビーチクラブもご検討することをお勧めします。コオリナオーナーさんもレンタルの借り手が見つかれば喜ぶと思います。

◆基本情報

マリオット・コオリナ・ビーチクラブ(MKBC)

 プーケットと同じく2ベッドルームですが、ロックオフというシステムがあり、1ベッドルームと Studio(ゲストルーム) に切り離して利用することができます。また、プーケットと同様にスプリットのシステムもあり、フルビラを3日間と4日間の2つの期間に分けて利用することができます。 ですから、「レンタルします」という物件を見る際には、「フルビラ1週間」、「1ベッドルーム1週間」、「Studio 1週間」、「フルビラ3日間」、「フルビラ4日間」、の5つのバージョンがあります。家族構成が少なくて当面は1ベッドルームで十分なオーナーさんとか、II社が取り扱いしないスプリットの物件などは、今のところ、

ハワイタイムシェアの得する知識 − タイムシェアのレンタル

のようなところでレンタルの借り手を捜す方法が多くなります。 プーケット以外にハワイ旅行も検討している場合は、是非これらのレンタル利用をご検討ください。物件を掲載しているオーナーさんに「利用に興味があるのですが...」とオファーを送って交渉してみましょう。当方のプーケットの週と交換でいかがですか?なんていうのもアリかもしれません。 そこから先は個人売買(交換)になると思いますのである程度リスクはあるかもしれませんが、エスクローサービスなどの利用も検討しながら豪華でお得なリゾートライフを実現しましょう。

レンタル物件の予約について

レンタルの一覧の中で、たまに日程をオープンにしたままレンタルに出しているオーナーさんがいますが、これは利用者の希望日の予約を先方で取ってもらえるので、便利だと思います。希望の日程がとれる保証はありませんし、スプリットの予約は取りにくいとの情報もあるのですが、とりあえず優先的に問い合わせしていいかと思います。

次に、ほとんどのオーナーさんが日程を固定して出品しておられますが、60日前までなら29ドルの手数料で予約の変更が可能らしいです。つまり、29ドル余計に払えば、あなたの希望の日程に変更してもらえる可能性がありますので、60日以上の猶予のある場合はこの方法もご検討ください。

◆部屋について

Studio はプーケットの「ゲストルーム」よりやや広く、ラナイにも面していますので、3人家族ぐらいなら楽に泊まれます。電子レンジや食器も少しありますので、ピザなどを買ってきて温めたりして朝食、昼食をL字型のソファーにゆったり座って食べることができます(コンロはありません)。 ビールや飲み物、温めて食べる食材を買ってきて、朝食や昼食をここで済ますのが安上がりです。私達が滞在した時は、アメリカの人たちはプラスチック製のドリンクのカップにストローとヒモがついたものを首からぶら下げ、「金は使わない」オーラを出した人たちがたくさん徘徊していました(笑) ラインドリーは部屋にないのですが、いくつかのフロアに共同のランドリールームがあり、滞在に不便はありません。

1ベッドルーム、フルビラに滞在する場合はフルキッチン付きですので、何でも料理できると思います。部屋も設備も超豪華で、ワイキキの「高級」ホテルが古ぼけたトランジットホテルのように感じると思います(笑) 私は2004年にコオリナ滞在後、ワイキキのマリオットホテルに一泊しましたが、比較する気さえ起こりませんでした。

移動について

【2011年の追加情報: カポレイ行き循環シャトルバス】 

2011/04/22  マウロアさんからの情報  →ブログ

カポレイショッピングセンター行き循環シャトルバスが4月7日より運行されているようです。

運行日は、毎週月・水・土・日
料金は、片道/往復ともに1人10ドル、3日間フリーパス1人25ドル

タイムスケジュールおよびバスストップの場所等は、こちらに画像を載せられませんのでブログにアップさせていただきました。参照していただければと思います。

主に、ターゲット、コストコ、セーフウェイ等のスーパーに停車しますので買い出しにも使えると思います。

カポレイコモンズ(ターゲットのあるところ)にデニーズがオープンし、また7月にはオーガニックスーパーのダウントゥアースがオープンするそうです。ますますカポレイも賑やかになってきましたね。

 

ぼんちゃんから各シャトルの時刻表をいただきました。利用に際しては1日前までにコンシェルジェデスクでチケットの購入が必要になります。空港〜コオリナへは今までどおりリムジンサービスをご利用下さいとのことでした。片道利用 往復利用とも同一金額だそうです。

コオリナ・リゾート内シャトルバス時刻表

コオリナ-カポレイ シャトルバス時刻表

コオリナ-ワイケレ-ワイキキ シャトルバス時刻表

2011/06/13 カポレイ・シャトル廃止 と ワイキキシャトル減便

残念ながら、短期間でカポレイシャトルが廃止されてしまいました。ワイキキ便に関しては下記のスケジュールのものだけ残ったそうですが、いつ廃止されてもおかしくないので各自で確認してください。

●1日2便(マリオットショッピングシャトル)月 火 木のみ

行きは 
コオリナ      10時半    13時半
ワイケレ      11時     14時
ワイキキ免税店  11時45分  15時

帰りは
ワイキキ免税店  15時半   19時15分
ワイケレ      16時半    20時
コオリナ      17時5分   20時35分

金額はワイケレまで$15 ワイキキ免税店$25 (片道往復同料金)
遅くとも出発1時間前までにコンシアージェで購入要

 

ワイキキから離れている(地図)ので、移動をどうするかは大きな課題です。私達が2004年に滞在した時は、空港でアラモ・レンタカーを借り、コオリナで1週間滞在しながらいろいろなところを周り、ワイキキで返却して(ドロップオフ・チャージ30ドル)ワイキキのマリオットホテルに一泊し、空港まではタクシーを使いました(飛行機が朝早く、空港でのレンタカーの返却が不安だったため)。 私達が次に行くとすると、たぶん1〜2日程度ワイキキに滞在(ダイヤモンドヘッドをバックに子供と記念撮影(笑)&ロイズで食事)した後にコオリナに移動し、3〜4日間滞在してから空港に戻るような計画にすると思うので、以下は独断で(すみません...)このケースをモデルにして考えていきます。

1)空港からワイキキのホテルへ

タクシーで現在は25ドルぐらいでしょうか?(アバウトですみません...)
http://www.hawaii-arukikata.com/hiinfo/airport.html

2)ワイキキからコオリナへ

タクシーで80ドル〜100ドル程度かかります。結構この部分の金額はでかいので、(人数にもよりますが)アラモアナ・ショッピングセンター発のシャトルバスの利用をお勧めします。(本当はワイキキ発ですが、どうせスーツケースをかかえてホテルからタクシーに乗らないといけないでしょうから、大規模と思えるアラモアナをとりあえず乗車地にお勧めします)THE BUS の利用も考えたこともあるのですが、大きな荷物があると利用できないようでした。(シャトルバスにスーツケースなどを持ち込むのが本当にOKか、また、別料金がかかるのかなどは、最終的にはコオリナのオーナーサービスなどに電話で確認していただいたほうが良いと思います)

 ・Leo Trans Co. - シャトルバス (時刻表  ・ 料金表 ) ←現在廃止されています

コオリナまで一人20ドルらしいですね。ウチの場合は4歳の子供も入れて3人で60ドル。 この辺がシャトル利用の限界でしょうか。もし仮に4人家族で80ドルかかるなら、タクシーでコオリナに行ったほうがよさそうですね。

このシャトルバスはワイケレ・アウトレットモールや、コオリナから最寄(約10分)のショッピングセンターである KAPOLEI (地図)にも便があり、3〜4日程度のコオリナ滞在でも一度ぐらいは利用する価値があるかと思います。(10分ぐらいであればタクシー利用で買出しに行ってもたいしてかからないでしょうが...)

【2011年の追加情報: ABCストアとBBQ施設】 

2011/03/23  けんパパさんからの情報

コオリナビーチクラブから 歩いて15分程度でコオリナステーションがあり「ISLAND COUNTRY MARKET」という名のABCストアーがあります。滞在するに必要なものは、すべて揃います。食べ物も惣菜を含めて豊富にあり、飲み物や酒も種類多くまた、クスリやお土産のお菓子やグッズもあり ちょっと忘れたものを買うのに役立ちました。ただ、カポレイにある コストコやSAFEWAYに比べると 値段は高めですが常識的な価格帯だと思います。利用しても問題ないと思います

BBQの肉などは、やっぱりカポレイで 入手されたほうがよいと思います。私も 肉やサーモンなどの1BBQセットはカポレイで入手しました。

コナ棟(メインタワー)のBBQのコンロは、17:00〜19:00 ごろまでは混んでいます。BBQを楽しんでくださいね。

シャトルバスと似たような手段に、裏技的になりますが、ワイケレ・アウトレットモールへのショッピングツアー利用というのも考えられると思います。往復で一人15ドル程度ですが、もし行きにスーツケースを乗せて行ってくれるなら、ワイケレまで乗っていって帰りの便は放棄してもいいかもしれません。ワイケレからタクシーでコオリナに行っても20分程度ですし、ここだけ上記のシャトルを使っても安上がりだと思います。この方法のメリットは、ツアーオペレーターが朝ホテルまで迎えに来てくれることです。ワイキキやアラモアナのシャトルバス乗り場にスーツケースかかえて自力で時間通りに到着する試練から開放されるのは、結構メリット大きいと思います。ここのようなツアーオペレーターに相談してみましょう。

 最後に、私達のとったルートとは逆になりますが、レンタカーのドロップオフも検討の価値があると思います。私達は一週間レンタカーを借りましたので、比較的料金の安いアラモ・レンタカーを利用しましたが、イヒラニのJWマリオットにはハーツレンタカーの営業所があるので、ワイキキ → コオリナをハーツのレンタカーで移動することを検討してもおもしろいかもしれません。 ワイキキのハーツでレンタカーを借りて、一日東海岸のハナハウマベイカイルアを周り、翌日ワイケレで買物をしてからコオリナで返却するパターンです。先にも書きましたが、アラモレンタカーのドロップオフ・チャージ(乗り捨て料)は30ドルでした。ハーツは大手なので少し高いかもしれませんが、ハワイでの運転に違和感がなければ便利さ+コストメリットがあるかもしれません(詳細は今のところ未確認ですが、検討の価値はあるかと思います)

3)コオリナから空港へ

タクシーでは80ドルぐらいのようですが、上記のシャトルバスも一人20ドル程度かかりますので、家族の人数でご判断ください。

もしワイキキ滞在オンリーでも、空港までのタクシー代は必要ですので、上乗せで考える場合はわが家の場合は ワイキキ → コオリナ の約60ドルと、コオリナ → 空港 のシャトルの約40ドルぐらいで、合計で100ドル程度でしょうか。 マウイなど離島に行く費用よりもだいぶ気軽に考えられるかと思います。

あと、コオリナ滞在情報やハワイ情報については、下記のサイトにすばらしい記事がたくさんありますので、是非参考にしてください。

MVCI&II タイムシェア・プチ図鑑

タイムシェア満喫しちゃうぞ

一般的な観光情報などは、

ハワイの歩き方

アロハ・ストリート

と、

JALのタイムシェア販売サイト

などもご参考にどうぞ。

1ページだけなのでかなり大雑把な情報ページになりましたが、ハワイ以外の場所のタイムシェアのオーナーさんがハワイを訪れる際の参考になれば幸いです。日本でもハワイのレンタル物件が適度にさばけて、ハワイのタイムシェアの利用がより一層増えればいいなと思っています。