Phuket Beach Club(プーケット ビーチクラブ)   Marriott Vacation Club(マリオット バケーションクラブ) タイムシェア リゾート

 

 

 
 
 ■ わが家の体験記
 ■ このリゾートについて
 ■ この Villa の間取りと設備
 ■ 滞在のコツ
 ■ 予約と利用のルール
 ■ スプリットというルール
 ■ 購入の費用
 ■ 毎年の費用
 ■ その都度かかる費用
 
 
------------------------
 ■ 他リゾートとの交換ルール
 ■ 交換の、ざっくりとした説明
 ■ 実際に交換するには...
 ■ ハワイへの道...(おまけ)
 
------------------------
 ■ 掲示板
 ■ リセールとレンタル New!!
 ■ コオリナとの違い New!!
 
------------------------
 ■ ギャラリー
 ■ リンク
 ■ Mail
------------------------
 
 ■ HOME
 

●リゾートの交換について

マリオットのオーナーサービスからいただいた交換ルールを以下に掲載しておきます。ただし、2004年現在のものですので、実際のご利用の際にはオーナーサービス経由で確認してください。

また、下記のようなきちんとした細かいルールはともかくとして、リゾートの交換は大枠でどういった内容か、また、現状はどうかを知りたい方は、交換のざっくりした説明ページをご覧下さい。

<週の預け入れとインターバル・インターナショナル社>

*週の預け入れとは・・・
  オーナー様のお手持ちの週を他のリゾートやシーズンの週と交換するために週の交換会社(ここではインターバル・インターナショナル社)に預け入れすることを週の預け入れ、又はディポジットといいます。

*インターバル・インターナショナル社とは・・・
  インターバル・インターナショナル社(以下II社)は免許を持っている週の交換会社です。(免許を持っていないマリオット社が週の交換をすることは法律で禁止されています。)週の交換会社はII社の他にもRCIなどがありますが、オーナーサービスでお世話させていただくのはII社をご利用の場合のみとなっており、他の会社をご利用の際はオーナー様個人でしていただく事になります。
  II社はマリオットとは全く別の会社であるため、オーナーサービスが直接II社の仕事をオーナー様にして差し上げることはできませんが、言語の違いなどの理由からオーナーサービスがオーナー様のリクエストに基づいてオーナー様とII社の間でお手伝いさせていただきます。

II社の年会費(2004年4月現在)
   年会費はご利用初年度のオーナー様は1年分免除されます。

1年分・・・75ドル
3年分・・・186ドル
5年分・・・289ドル

*II社の仕組み
   II社には手持ちの週がありません。ある意味銀行のような働きでオーナー様の週の交換をお手伝いします。週の交換は以下のような仕組みで行われます。

@ オーナー様AがホームリゾートAから一週間の予約をとり、それをII社に預け入れします。
A オーナー様AはリゾートBでの週が欲しかったので、II社にリゾートBでの週のリクエストをされます。
B オーナー様BがホームリゾートBから偶然オーナー様Aのご希望のチェックイン日の週をII社に預け入れされます。
C この時点でII社はオーナー様Aにリクエストにかなう週を差し上げることができるわけです。

上記のように週の交換は行われるため、必ずしもご希望の週が手に入るという保障はありません。

* オーナー様にインターバル・インターナショナル社(以下II社)をご利用いただくのは次のような場合です。
   
<@ 週のご利用が年内に難しい場合で、次の年にご利用を持ち越されたい場合>
 一度お持ちのホームリゾートの週をII社に預け入れされますと、その週のご利用有効期限は預け入れした週の予約のチェックアウト日から2年間となります。(例: ホームリゾートAで預け入れするために予約を取った週のチェックアウト日が2004年の10月1日の場合は、II社に預け入れ後の週のご利用有効期限日は2006年の10月1日となります。)そのため、上記の例@のように年内のご利用ができそうに無い場合、ポイント交換、レントなどのオプションに加え、II社への週の預け入れがあるわけです。

<A お持ちのホームリゾート以外のリゾートに行かれたい場合>
例Aはよくあるケースですが、お持ちのホームリゾートでの週の使用権を利用して色々他のタイムシェアリゾートに行かれたい場合もII社を通していただきます。II社はマリオットプランドだけでなく、他のブランドのタイムシェアリゾートとも契約しているので、マリオットブランのリゾートをお持ちのオーナー様も他のブランドのリゾートへ行くことが空きがある限り可能です。

<B お持ちのシーズン外の時期に週をご利用になりたい場合>
リゾートのほとんどは色々なシーズンを持っています。あるオーナー様はシーズンAを持っておられ、あるオーナー様はシーズンBを持っておられます。通常はお持ちのホームリゾートでもシーズン内でのみの週のご利用が可能なのですが、例Bの様にII社を通される場合はホームリゾートでもそれ以外のリゾートでもいつのシーズンでも空きがあれば週のご利用ができます。

<C ホームリゾートにてご希望の週が満室でも他の週のご利用はどうしても無理な場合>
多くのオーナー様はII社を通されず普通にホームリゾートに行かれる場合、ご希望チェックイン日からちょうど12ヶ月前から週のご予約を取られます。したがって日にちが近づいてくるにつれ、ご希望のチェックイン日に空室を見つけるのは難しくなります。このような場合、 オーナーサービスではご希望の日にちの変更をお勧めしますが、その日にち以外に年内に旅行をされる時間がないオーナー様などはII社をご利用になり同じ希望の日にちをII社にリクエストすることも可能です。
実際、このようなケースでII社を通されずにキャンセル待ちをされてもご希望の日にちが手に入る確率は低いのが現状です。タイムシェアリゾートはホテルと違い、1年以内にその年の分のご利用をされないとその年の分のご利用分は無くなってしまいます。またホテルよりも早く(人気のある週の場合は12ヶ月前に)満室になるので、もうすでにある予約をキャンセルして他の日にちに移そうにも移す先がどこにもない場合が多いのです。その為、すでにある予約の週にご旅行ができないオーナー様はそれをキャンセルされる代わりにレントに出されるか、II社に預け入れされる形になってしまうのです。
ただし、必ずご希望の週が見つかるという保障はないので、見つからなかった場合は2年間あるご利用有効期限を生かして、次の年に持ち越しという形になります。
 
<D その年ホームリゾートの週の予約をしようにもシーズン一杯すでに満室になってしまっている場合>
 忙しい方などご旅行のご計画がなかなか立たず、寸前まで予約を入れることができないオーナー様は、ようやく予定が立ちオーナーサービスにご連絡いただいた時点ですでにお持ちの残りのシーズン内に一つも空室がなくなってしまっている場合が時にございます。そのような場合、マリオットがすでに過ぎた週で誰にも使われなかった週があった場合にはII社に預け入れしてあるのでそちらの週をマリオットから受け継ぐ形になります。その場合は残念ながらリクエストに制限がかかるペナルティーがかかる場合がございますのでご了承ください。このケースはあくまでも過ぎた週のうちに未使用の週があった場合のみとなります。


* 週の預け入れの仕方
週の預け入れには以下の2つの方法があります。
 <ディポジット・ファースト>
   @まずこちらへII社へ週の預け入れをされたい旨をお伝え下さい。 
AII社へ預け入れるための週をホームリゾートで予約します。
B週をII社へディポジット(預け入れ)をします。(オーナーサービスがいたしますが、オーナー様御自身がディポジットすることもできます。) 
Cディポジットの際にディポジット番号を受け取ります。(一旦II社へディポジットした週は取り戻すことはできません。)
DII社へ連絡を入れ、交換したいリゾートとチェックイン日をリクエストします。(II社に交換手数料を払います。)

2ベッドルーム以上のお部屋をお持ちの場合、リゾートによってはAの時点でロックオフ(手数料79ドル)をしてマスタールームとゲストルームに分け2週間としてディポジットをすることも可能です。但し、基本的に預け入れをされた部屋を替わりに受ける形になりますので、ロックオフをされた場合はフルビラ(ビラ全体)を2週間使うことはできません。
    ディポジットファースト以外にもリクエストファーストという方法があります。4番に書かせて頂きましたようにディポジットした週は取り戻すことができません。 しかしリクエストファーストの方法をとりますとご自分のホームリゾートの週を手放さずに希望の週がIIを通して取れるか試すことができます。方法は下記のようになります。

<リクエスト・ファースト>
  @方法としてはまずこちらへリクエストファーストをされたいとご連絡下さい。
Aバケーションに行ける週にホームリゾートを予約します。
B予約確認番号を受け取ります。
CオーナーがII社へ連絡を入れリクエストファーストであることを知らせ、予約確認番号とチェックイン日を知らせます。 
Dご希望の週が見つかった時点でホームリゾートの週をディポジットします。(交換手数料をIIへ4番の段階か5番の段階で払います。)
E交換したリゾートへバケーションに行きます。
 
仮にご希望の週が見つからなかった場合には選択肢が二つあります。 一つは交換の
リクエストを取り消して2番の段階で予約した日程にホームリゾートへバケーションに行く方法。二つ目はII社へディポジットしてしまい、他の交換可能性を探す方法。 こちらも2週にしたい場合には1番の段階でロックオフをオーナーサービスに希望します。

* リクエスト料金について
II社に週を預け入れされた後、ご希望のチェックイン日がお決まりの際はII社にリクエストを入れていただきます。その際にリクエスト料金を取られるのでリクエストがお決まりの際はクレジットカード番号、カードの持ち主の名前、カードの有効期限、カードの裏にある3〜4桁の数字を御用意の上ご連絡ください。リクエスト料金は以下の通りです。(2004年4月現在)

・マリオットブランドのリゾートをリクエストされる場合・・・75ドル
・アメリカ国内のマリオットブランド以外のリゾートをリクエストされる場合・・・95ドル
・ アメリカ国外のマリオットブランド以外のリゾートをリクエストされる場合・・・125ドル

     例1: 第一希望がリゾートA、第二希望がリゾートB、第三希望がリゾートCで、ABC共にマリオットの所有するリゾートである場合は75ドルのみかかります。チェックイン日の希望が複数ある場合も一度75ドルをお支払いいただければ追加料金はかかりません。

     例2: 第一希望がリゾートA(マリオットブランド)、第二希望がリゾートX(アメリカ国内でマリオットブランド外)、第三希望がリゾートB(マリオットブランド)の場合は、第一、第三希望の分は75ドル、第二希望の分は別に95ドルかかります。

* ご希望の週を手に入れるには・・・
   週の交換をされる際、以下の事に気をつけていただくとよりご希望の週が手に入る確率が上がります。
・ できるだけ早めにホームリゾートでの予約を取っておく。
・ リクエストの際は日にちやリゾートの選択肢を多くする。
・ リクエストは早めにしておく。

* ペナルティーについて
   II社に週の預け入れをされる際に預け入れられる週の予約のチェックイン日が預け入れの日より60日以内の場合、ペナルティーがかかります。ペナルティーには以下の二種類があります。
<レート・ディポジット(Late Deposit)>
ホームリゾートでの予約のチェックイン日の59〜14日前までに行われるディポジット(預け入れ)です。この場合、リクエストの際にご希望チェックイン日の59日〜24時間前にしかリクエストができません。

<ショートノーティス・ディポジット(Short Notice Deposit):アメリカ国内(ハワイリゾートは除く)のリゾートのみにて可能>
   こちらはホームリゾートでの予約のチェックイン日の13〜7日前までに行われるディポジットです。こちらの場合、リクエストはご希望チェックイン日の30日〜24時間前にしかできません。又、スタジオやゲストルームのディポジットはできません。このディポジットは特別処置として用意してあるので、必ずできるという保障はありませんのでご了承ください。


* よくある質問


Q-1: リクエスト料金を先に支払って、もし希望の週が結局見つからなかったらリクエスト料金は戻ってきますか?

 A-1: 戻ってきます。リクエストしてあるチェックイン日を過ぎるとお使いになったクレジットカードの口座に全額返還されます。

Q-2: リクエストの選択肢はリゾートが多いほうが良いか、チェックイン日が多いほうが良いか、どちらの方が重要ですか?

 A-2: チェックイン日に融通が利く方が有利です。もちろんリゾートの数も多いに越したことはありませんが。

Q-3: ディポジット・ファーストとリクエスト・ファーストのどちらが良いですか?

 A-3: どちらにも利点があります。ディポジット・ファーストをご利用の場合はホームリゾートには行かれるつもりが無い場合や、予約をするのが遅れてホームリゾートに全く空きがない場合などです。リクエスト・ファーストはII社で何も見つからなかった場合にはホームリゾートでの予約の日にちにご宿泊いただけるので、ホームリゾートに行かれるつもりがあるオーナー様はリクエスト・ファーストをご利用になられます。

Q-4: 私は3ヶ月以上前にリクエストをしましたが、何も連絡がありません。どうなってい
るのでしょうか?

 A-4: II社はご希望にかなう週が見つかり次第、オーナー様に直接ご連絡を差し上げますが、もし心配な場合はオーナーサービスにご連絡いただければリクエスト状況はお調べいたします。
  
Q-5: II社とうまく連絡が取れません。どうしたらいいでしょうか?

 A-5: マリオット社のオーナーサービスにご連絡いただければ、オーナー様に代わってII社と連絡をお取りいたします。リクエストなど料金がかかる場合はクレジットカードの情報が必要ですので、あらかじめクレジットカード番号、カード所持者名、カード有効期限、カード裏にある数桁の番号をお知らせ願います。

Q-6: 週の預け入れとリクエストは同時にしないといけませんか?

 A-6: 別々で大丈夫です。週の預け入れがすでにしてあるのであれば、その週のご利用有効期限内である限りいつでもリクエストをすることができます。

Q-7: もうすでにリクエストを入れてあるのですが、リクエストの付け足しは今でもできますか?

 A-7: できます。一度リクエスト料金をお支払いになれば、リクエストのつけたしはいつでも無料で可能です。
  
Q-8: ホームリゾートの週を既にII社に預け入れしてあるのですが、結局ホームリゾートに行くことにしました。今から預け入れをキャンセルできますか?

 A-8: 申し訳ありませんが、一度預け入れされた週はキャンセルできません。この時点でホームリゾートに行かれたい場合はII社にホームリゾートのリクエストを入れていただくしかありません。
  
Q-9: 週の預け入れをしようと思うのですが、希望のリゾートの空室状況を知ってから決めようと思っています。空室状況を教えてください。

 A-9: 残念ながらできません。II社はマリオット社とは全く別の独立した会社です。空室状況をオーナーサービスがII社に連絡してお調べできるのは、オーナー様が既に週を預け入れしてある場合のみです。

Q-10: なぜ同じマリオットブランド内でもII社を通さなければ週の交換ができないのですか?

 A-10: マリオットブランドとは言えリゾートはそれぞれ独立しており、所有者もそれぞれ違います。(所有者はリゾート建築の際、マリオットブランドの名を使いたい場合はマリオット社の基準に沿ったリゾートを造ります。リゾートがマリオット社の基準に追いつけなくなった場合はマリオット社の名は外されます。)その為、週の交換も免許を持った会社が行うことが法的に義務付けられています。

Q-11: ロックオフオプションを使って、ゲストルームだけ預け入れしたのですが、交換に手に手に入れる週の部屋のタイプもゲストルームなのでしょうか?

 A-11: そうです。例外として時々お部屋のタイプが変わる場合もありますが、基本的にはU社に預け入れしたものと同タイプのものを交換で受ける形になります。